今の給料では外食する余裕がないことも、ファストフードが体に良くないことも、ジャクリーンは承知の上だと言う。しかし時間に追われ、家計が厳しく、常にストレスにさらされている状態では、空腹を訴える子どもに我慢を強いる気力もなく、つい妥協してしまう。「事情を知らない人には、駄目な母親だと非難されるでしょうね。でも、子どもたちをがっかりさせたくなかったんです。食べ物を買わないわけにはいきませんでした」

新たな飢餓…貧しいのになぜ太る?:日経ビジネスオンライン (via mayumiura)

(via mayumiura)

Loading...